人工の歯が埋まること

インプラント

今となっては誰もが聞いたことのあるインプラント治療ですが、本来はデンタルインプラントと呼ばれるものです。インプラントと言う単体で考えると、人の体に人工の物を埋め込むと言う意味となっています。歯のインプラント治療が人気になって来た理由には、抜けてしまった歯の代わりになると言う良さがあります。それまでは歯が抜けたとか抜いた後、足立区の歯科医では抜けた歯の代わりにするためにはブリッジとか入れ歯と言う代用策でした。この時隣りにある歯とか両側にある歯を犠牲にする必要があり、健康な歯を傷めてしまうことが当たり前のことでした。ですがインプラントが出て来たことで、この隣りの歯や両側に歯に迷惑をかけることなく治療が進むようになりました。

新しい歯と同様になる

治療

足立区の歯科で行うこの治療方法は、歯が無くなった個所に人工のインプラントと言われる歯根を埋める方法になります。歯と言うものは、目に見える部分だけではなく、歯を支える歯根が必要になります。歯を失うと言うことは、歯根もなくなってしまうことで、歯の再生は無理でした。これは木の根っこがダメになった時には、木の存在がなくなると同じと考えると良いのですが、木の場合には別な根を植えることが出来ます。人間には新たに歯の根を埋めることが出来ないため、その変わり人工の根を埋める方法がインプラント治療の始まりとなる訳です。

歯は独立している

インプラント

足立区の歯科医で行うインプラント治療は、独立した人工歯を埋めることになりますが、その時残っている歯に負担をかけることは一切ありません。この治療は簡単に行うことが出来ないことから、治療を始める前にはキチンとしたカウンセリングを行うことになります。インプラントに対し、患者さんも正しい知識を持ってもらうことが重要になるからです。多くの患者さんは漠然としたイメージだけで治療に来ることが多く、その治療の大変さを知ってもらうためにも、カウンセリングは非常に大切なことになります。

患者に親切なカウンセリングを

歯科治療

カウンセリングが終わってもすぐにインプラント治療に入る訳ではありません。術前に必要となる検査が一杯あり、歯科用のCTスキャンでの撮影から噛み合わせなどを詳しく調べることになります。その後やっと治療計画を作ることになり、患者さんには更なる説明を行うことになります。手術前の患者さんに対し、不安を持ってもらうことは困ることになるので、不審な点があれば質問してもらう工夫も行います。基本的には外科手術を行うことになる訳で、心配する患者さんもたくさんいることからその不安を取り除くことも、大事な作業となって来ます。手術も一度で終わるのではなく、二度必要になることや、治療期間も半年以上かかるなどの説明をして来ていても、患者さんは早く治療が終わることを望みます。そんな焦りの気持ちを快く抑えることも、足立区にある歯科医の大事な仕事となっています。

広告募集中