ぐらつきがなく使いやすい

歯医者

虫歯などで歯がなくなってしまったとき、従来は入れ歯や差し歯といった治療方法が使われてきました。しかし近年はインプラントと呼ばれる治療方法が登場しており、足立区の歯科医院でも利用することができます。この治療方法の特徴は、新しい歯をボルトで固定する点にあります。例えば入れ歯では、粘着剤のようなものを使って歯茎の中に固定するのが一般的です。一見するときちんと密着しているように見えるものの、ちょっとした衝撃で外れやすく使いにくいのが欠点でした。一方のインプラントは口の中の骨の部分にしっかりと固定するため、ぐらつきや外れてしまうといったことはありません。まるで自分の歯のように使えるのが大きなメリットです。

自分の歯を残すことができる

インプラント

健康な歯を削る必要がないのも、足立区のインプラント治療の良いところと言えるかもしれません。入れ歯では固定しやすくするため、欠損していない箇所の歯まで削る必要があります。インプラントでは一本ずつ埋め込むことができるので、問題のない歯については残すことができます。

外から見えにくい

インプラント

部分入れ歯などは金具で固定しているため、使っていることを他人に知られやすいという特徴があります。足立区の歯科医院で利用できるインプラントならば、固定に使うボルトは歯の中に埋め込まれているため外からは全く見えません。人前でも自信をもって笑顔を見せることができます。

広告募集中